ヘアケアの基本は洗髪・乾燥に加え、ブラッシングです

なにからはじめたら良いのかと聞かれることがありますが、いますぐできる育毛方法として、現在のヘアケアの見直しをおすすめしています。

特別な出費も不要で、その割に薄毛に対する効果は無視できないので、ぜひとも行っていただきたいものです。

ヘアケアの基本は洗髪・乾燥に加え、ブラッシングです。

筆者の知人(当時30代)は、お湯で髪を濡らさずシャンプーの水分のみで洗っていました。

すすぎには大量のお湯を使うのですが洗い流すのが大変だったそうです。

これは極端な例ですが、適当に済ませていたことを見直せば、抜け毛を減らすことができるかもしれません。

また、近頃は育毛や血行改善に役立つ栄養素や、皮膚の再生に必要なビタミン類などに対する研究も進んでいますので、サプリで継続的に摂ることは、体にも育毛にも良くて一石二鳥です。

少し前にノーベル賞受賞で話題になった、山中教授のiPS細胞のことを覚えている方も多いと思います。

最近、このiPS細胞を使った育毛治療に画期的な効果があることが発表されました。

毛根を包み込み髪の成長のための栄養を貯める毛包がiPS細胞によって再生させる技術が開発されたそうなのです。

技術が完成した訳ではないので、身近に使えるようになるまでには長い年月がかかります。

でも、髪を生やすための研究は今後も飛躍的に進む事が期待できます。

レーザー治療のために毎回育毛クリニックに行くのは大変ですよね。

最近では、クリニック程の効果はないものの、個人が使える低出力育毛レーザーが人気です。

とくに人気があるのはアメリカのFDAで認可された育毛に一定の効果があると保証されている製品です。

FDA認定というと分かりにくいですが、日本で例えると厚生労働省認可と同等の意味で、FDA認可のものは米国の政府機関が副作用の危険性が低く薄毛の悩みに効果的だと保証した製品と言えます。

国産の育毛剤において特によく見られるのですが、大抵の製品に、グリチルリチン酸ジカリウムという名前の成分が使われています。

漢方薬としては有名な、甘草から抽出されたグリチルリチン酸は、強い甘みがあるのが特徴ですが、この物質にカリウム塩が加わって、抗炎症作用、抗アレルギー作用を持つようになり、医薬品として広く利用されています。

この有用な化学物質が、育毛剤としてはどう働くかということですが、頭皮トラブルよる抜け毛、その大きな原因となりやすい頭皮の炎症を抑えて、フケやかゆみを鎮めてくれます。

グリチルリチン酸ジカリウム入りの育毛剤を使用するということは、つまり頭皮に働きかける抗炎症作用に期待して、健康な状態の維持を期待するものです。

育毛方法はさまざまです。

育毛剤やシャンプーなど外用製品、サプリメントや経口薬などのほか、近年は医療機関でも対応するようになってきています。

皮膚科医院などでAGA(薄毛)のパンフレットをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

薄毛に有効な成分(プラセンタ、ビタミン等)や薬剤(ミノキシジル等)の単品や配合液を注射するという方法を選ぶ人も増えてきました。

注射のほうが、経口摂取に比べると吸収率が高く、速やかに作用するため、はっきりとした育毛効果が感じられ、とくに、早く効果を得たい人にとっては、良い方法と言えるでしょう。

ただし、これらは審美治療に相当するため、健康保険は適用されません。

注射のためには診察が必要ですが、初診も再診もお金がかかり、すべて自費扱いです。

自由診療なのでクリニックごとに料金も違います。

また、半年ほどで驚くほどの効果を得られる人もいますが、自分の納得できる効果が得られるまでは繰り返し処置を受ける必要があるので、経済的には負担は大きいです。

ただ、短期間に効果が得られて費用対効果が高いとしている人もいるので、一概に「高値」と言い切ることはできないでしょう。

髪の毛が薄くなってくると、育毛剤を試してみたくなります。

といっても、いざ育毛剤を前にすると、種類が多すぎてどんな育毛剤を選べばいいのか、困ってしまうものです。

人気のある商品の方が効果があると思いがちですが、たくさんの口コミを参考にして選べば間違いないでしょう。

できるだけ抜けてしまう毛を減らして、元気に生えてくる髪の毛を増やすためには、頭皮の乾燥を改善しなければなりません。

例えば、フケが出てしまうほど乾燥が目立つ人は、今行っている髪の手入れについてや、普段の生活を見直す必要があります。

注意すべきは、頻度の高いシャンプーや、忙しい朝の洗髪は、頭皮の乾燥を招くので、極力控えましょう。

他にも注意が必要なのはストレスや寝不足で、これらも頭皮の乾燥に繋がると言われています。

いつもしているブラッシング方を見直すことは、後々、健やかな髪の毛を生やすことになるでしょう。

ブラッシングに使うブラシは先が尖っていないもので、髪の毛同士が静電気で摩擦を生みにくいものをじっくりと見比べて選ぶと良いでしょう。

少し高級品のブラシになりますが、ナチュラル素材のブラシを選ぶと良いかも知れません。

また、ブラシの先端が鋭利でないものを購入したとしても、出来るだけ直接頭皮にブラシを当てないようにしてブラッシングすれば頭皮環境を健やかに保つことが出来るのですね。

男性型脱毛症(通称AGA)の発症は思春期からですが、具体的に幾つから発症が始まるかという線引きはないのです。

男性型脱毛症は思春期から発症するということは10代ですでに発症してしまう可能性もあるわけですから、育毛ケアをする時期は早いほうが良いのです。

でも、医薬品認定の育毛剤は未成年が使用することが認められていないのです。

未成年は医薬部外品を試すか、頭皮の状態を改善するために毎日の生活習慣を改善したりしてケアするのがベターでしょう。

近年は甘いもの好きの男性も増えてきたようですが、苦手とする人もまだまだ多い様子です。

でも、ココアには育毛効果があると言われています。

食物繊維が多く含まれるほか、亜鉛や銅などの体の維持に貢献する微量元素を含んでいるため、血液をサラサラにし、炎症やストレスに対して強い体を作る効果があることから、育毛には大いに助けになるでしょう。

ですから、積極的にとるようにしましょう。

独特の風味がカレーの隠し味になることは知られていますが、継続的にとることを考えると飲むのがもっとも手軽でしょう。

でも、糖分を多くとりすぎるとカロリーも心配ですし、髪にも悪影響ですので、ココア成分のみの商品を選び、低脂肪牛乳やスキムミルクでカロリーを抑えましょう。

甘味料としては砂糖以外のオリゴ糖や蜂蜜などで多少の甘みをつけたほうが飲みやすいでしょう。

甘味は習慣化しやすいといわれていますので、甘いものが好きすぎる方は、午後に一杯、帰宅して一杯など、時間と量を区切っておくのも大切です。

育毛を続けていくうえでは食生活の改善も大切です。

血中の脂質濃度を高めるような脂分の多いメニューや、糖分のとりすぎは末梢血管の流れが阻害され、病気や抜け毛の進行を招き、複合的に育毛剤の効きにくい体質になってしまいます。

食品添加物は食味を良くしたり保存性を高めるのに使われていますが、育毛や肌の再生に必要な栄養素の取り込みを阻害する作用がある添加物もあり、髪の健康には大敵です。

髪に良い影響を与えるといわれる食材を集中的に食べること自体はあまり効果がありません。

栄養バランスに配慮したメニューを選ぶようにしてください。

それから、カロリーの過剰摂取は育毛にも健康にも良くないので、注意が必要です。

海外のサイトなどで探せば、通販で簡単に海外ならではの強力な育毛剤やAGA専用の薬を比較的安い値段で手にすることができます。

でも、気を付けなければならないのは、海外通販には保証がないということが当たり前です。

偽物が混じっていたり、質の悪いものが出回っていることも多々あります。

中には、それを使うことによって、中には、使用することで体調を崩す恐れもあるほどです。

また、海外と日本では生活スタイルも異なるため、体格や体質にも差があり、例え正規品だとしても安心してもいいということはありません。

ピップエレキバンとかピップマグネループのように、一見、育毛には関係がなさそうな製品を上手に使うことで、育毛のお役立ちグッズにしている人もいるようです。

ところで、育毛にとって一番大事なことは何かというと、それは血行ということになるでしょう。

その理由は、髪へと届けられる栄養や酸素は、血流に乗って血管内を、移動してくるものだからです。

酸素を含んだ新鮮な血液は、当然心臓から出発して頭皮へと押し出されていくわけですが、肩凝りや首の凝りは、心臓から頭皮を行き来する血液の流れを阻害します。

凝りの存在はつまり、その場所で血行不良を起こしているということです。

そこで、ピップエレキバンなどを利用し、首、肩の凝りをほぐします。

そうして、血流を阻む障害物をなくすということなので、頭皮の毛細血管まで、確実に酸素や栄養が届けられるようになります。

薄毛や抜け毛など、髪の悩みを専門に診てくれるところには、サロンまたはクリニックがあります。

両者の違いは、免許を持った医師が治療する医療機関かどうかということです。

サロンは、育毛剤の処方やプロの手でマッサージをしてもらうなど、頭皮ケアに重きを置いたところです。

クリニックの場合、医師からの診察を受けて薬を処方してもらったり、発毛のための医療器具を用いて治療を進めることの出来るところという違いがあるのです。

人によって説が違うのが、育毛中にコーヒーを飲んでもいいのか悪いのかということです。

実際は、適度な量のコーヒーには育毛効果が期待できますし、過剰に摂取すれば問題になります。

ご存知のように、カフェインには血行を促進させる作用があるため、滞りがちな頭皮の血行が促進されれば育毛にも嬉しいことです。

けれども、飲み過ぎてしまうと、睡眠を質を悪化させるので、その点は育毛にマイナスになります。

髪や頭皮に負担をかけることの一つがパーマです。

なので、パーマ後はアフターケアをしないといけない気になって、育毛剤を使いたくなるようですが、頭皮は損傷を受けた直後ですから、ここに育毛剤を使うのは考えものです。

状態が回復するまで育毛剤を使うのはやめておいた方が良いようです。

洗髪の仕方ですが、ごしごし強くこすってはいけません。

やさしく、軽くマッサージしてやるような感覚で良いでしょう。

洗ったらしっかり流して、洗髪後、髪はしっかり乾かしておきましょう。

育毛を重視するなら、パーマはやめておいた方がよく、もしどうしてもと言うなら、育毛パーマにしておくとひどく頭皮が傷つくようなことはないはずです。

頭髪の成長と歩行は無関係に思われるかもしれませんが、歩く運動を行うと髪の成長という結果につながります。

運動が十分でないことも髪の毛が薄くなる要因の一つであるといわれ、徒歩運動などといった軽めの活動を習慣的に行うことで、血流が促進されて健やかな毛髪が実現しやすくなります。

手軽にスタートできる活動になりますので、必ずご実践いただきたく思います。

育毛は日常生活で気を付けたり、自宅でケアできることもありますが、育毛治療の効果をより感じたいのなら専門のクリニックを利用するのが近道と言えるかもしれません。

治療を開始して、薬を使い始めてからではクリニックを変えることは難しくなますし、植毛治療の施術を受ける場合は、かなり高い料金になるでしょう。

そのため、いくつかのクリニックのカウンセリングをあらかじめ受けておいて、信頼できそうなクリニックを探すことが大切です。

ほとんどのクリニックはカウンセリングについては無料で行ってくれています。

クリニックで育毛治療をした場合、いくら位かかるのでしょうか?こうした治療は保険適用外なので、治療費は全額自己負担です。

ですから、一律で同じ治療料金ということはなく、クリニックごとに違いがあります。

治療費の内訳はクリニックでカウンセリングを受けた後に決まります。

なお、投薬での治療と比較すると、植毛したり注射で発毛を促すような治療の場合は高い治療費になると知っておいてください。

一般に、発毛や育毛の促進に効果的とも言われるたんぱく質の一種である成長因子は、またの名をグロースファクターとも言います。

毛母細胞に影響を及ぼし活動を活性化させる、ヘアサイクルを好調にする、血行をよくするといった効果が考えられます。

育毛クリニックの治療で毛穴への成長因子の注入が行われる場合もあります。

他にも、成長因子の合成された育毛剤も購入可能です。

いつかは変わるかもしれませんが、今はまだ適用外と厚生労働省が規定していることから、発毛や育毛の治療は健康保険の適用がない保険外診療となります。

育毛治療ではかなりの期間を費やす必要性がある為、クリニックの治療を受けるならそれなりの費用を用意しておく必要があります。

けれども、一旦は支払わなければならないものの、確定申告を年に一度行う時に医療費控除を申請したら一部を取り戻せる場合があります。

女性の方からすると、ホホバオイルはクレンジング剤やスキンケアに使われているため馴染み深いかもしれません。

なお、このオイルは頭皮マッサージで使用するのもおススメです。

簡単に説明すると、ホホバオイルとは砂漠で育つホホバという植物のタネから抽出されたオイルのことで、なによりその特徴は、浸透率が高く肌馴染みが良いことです。

その特徴ゆえ、スッと肌に浸透し、べたつかず頭皮の乾燥やベタつきを抑え、健康的な頭皮へと変えることができます。

健康な頭皮は健康的な髪の素になるので、育毛治療をしている人にもおススメです。

頭皮の健康の為に、余計な脂分を持たない事は重要で、しっかりと潤いがあります。

血行が良い頭皮は、髪が育ちやすい環境を維持できます。

また、頭皮を温める事は、新陳代謝の向上に役立ち、成長する髪が、元気なものになります。

ですから、血行の良い頭皮を意識して、毎日奇麗に汚れを落としてください。

優しくマッサージしたり、ホットパックなども効果的なので試してみてください。

頭皮を温める事を意識して行動すれば、育毛につながっていくでしょう。

血行不良は体のあちこちに悪影響を及ぼしますが、意外にも、頭皮も影響を受けます。

頭皮に流れる血流が悪くなってしまうと毛髪も栄養が不足します。

こうなってしまうと髪の毛はすぐに抜けてしまう状態になるので、薄毛の範囲が広がることが分かっています。

発毛や育毛を考えている人に、まず血行改善が謳われるのはこのためなのです。

頭皮マッサージや血行を良くする効能の温泉を利用することで血行不良による薄毛の予防ができます。

欠かさず、頭皮マッサージすることを続けると次第に頭皮の状態が良好になり髪が生えやすくなっているはずです。

マッサージするとき、爪を立てて行うと頭皮に傷をつけてしまうため、指の腹を使ってソフトに揉んで行うことです。

シャンプーの折に頭皮マッサージを施すと頭も同時に洗えるので一石二鳥です。

育毛効果が感じられるまでは根気よく続けるようにしましょう。

同じ薄毛の場合でも男性型脱毛症の場合は、毛が薄くなっていく部分にある種の共通性があります。

こめかみの上から額の生え際にかけて毛が抜けていき、その一方で後頭部や側頭部の髪は残っている形が主で進行の度合いによっては目立ちません。

このパターンを踏襲せず、髪が丸く部分的に抜けてハゲになる症状は円形脱毛症に分類され、ジヒドロテストステロン(AGAの原因)の分泌とは無関係に発症します。

そのほかAGAで特筆すべき点は症状が進行するということですので、検査でわかることもありますから、気になりだしたら放置せず、AGA専門を謳っているクリニックなどを頼り適切な治療を受けましょう。

未だに育毛というとまだまだブラシで頭皮をトントン叩くといったイメージを持っている人が少なくないでしょう。

そういう製品のCMを知らない世代にも意外に浸透しているのは驚きです。

でも、自己流でブラシでトントンしてしまうことを考えるとちょっと怖くなります。

市販のブラシは力を逃がすことに配慮していません。

そんなもので叩けば育毛するつもりが薄毛を助長してしまいます。

頭皮は子供の頃から髪で守られており、むき出しの腕や顔に比べて繊細ですから、ブラシのように重さのあるもので叩いたら、頭皮が傷つき、毛根を傷め、丈夫になるどころか、発毛を阻害することになってしまうのです。

そんなことより効果的なのは頭皮マッサージですが、間違っても爪でカリカリしないでください。

力をかけないよう、雑にならないよう注意しながら行ってください。

ツボを頻繁に使用する東洋医学ですが、そのツボの中には、髪の毛が豊かになるツボがあります。

頭を揉み込む時に、ツボ押しをしてみると良いかもしれません。

でも、気を付けてください。

ツボを押しただけではすぐさま分かるような効き目が現れるのかというと、そうではありません。

そのようにすぐさま髪が生えてくるなら、この世に薄毛に悩む人はいなくなります。

フィナステリドを含むAGA治療薬で、プロペシアを処方されることも多いでしょう。

患者さん全てに同じように効果が現れる特効薬とまでは言えませんが、抗アンドロゲン薬が効力を発揮する人の場合は薄毛や抜け毛の症状の抑制に時間はかかりますが確実に役に立ってくれるでしょう。

但し、いくつかの副作用が起こる可能性があり、性欲減退やEDのほか、深刻なものでは肝機能障害が生じた例もあると薬の添付文書には記載されています。

日本における成人男子の薄毛の9割はAGAですが、逆に言えばそれ以外はAGAとは全く違う原因で発症しています。

円形脱毛症、いわゆる10円ハゲなどもそのひとつです。

免疫疾患や精神的なストレスなどによるものとされていますが、継続的なストレスだと本人が無自覚なこともあります。

ほかにストレス性と思われる薄毛には、もともと頭皮にも髪にも異常はないのにほとんど無意識か、あるいは習慣的に引き抜いたり、頭皮を掻きむしる抜毛症が最たるものでしょう。

爪を噛む癖と同様、精神的なものです。

引用:襟足ハゲで売れている育毛剤